2009年06月07日

北海道 アトサヌプリ(硫黄山)

北海道 アトサヌプリ(硫黄山)





とある年の7月下旬の夕刻で、レンタカーで通りかかりました。
あたりが濃紺に変わりつつある夕刻であり、運転しながら幽玄な光景に胸を突かれ、思わず車を止めて振り返りました。
荒涼とした土地に樹木が朽ち果てつつあります。殺伐としていて怖い。

どうしても行きたくなって、翌朝、また同じ場所に立ってみました。
ところが、昨夕のような暗い情緒も迫力もないのです。
どこまでも明るい空気が広がり、どこにも怖いという雰囲気がないのです。
活火山であり、噴煙も見えます。温泉卵が売られていました。
同じ場所であっても、季節や時間帯で、風景はその表情を変えます。

場所は、摩周湖と屈斜路湖の間、川湯温泉でした。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t37219
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい