2009年05月28日

◎ブタがいた教室(DVD) 日活㈱

ブタがいた教室(DVD) 日活㈱

 実話の映画化です。本は「豚のPちゃんと32人の小学生 命の授業900日」ミネルバ書房となります。
 「食堂かたつむり」小川糸著では、言葉を失ったシェフの倫子(りんこ)さんが、エルメスと名付けた豚ちゃんを愛情込めて育てて、最後に捌(さば)いて食べます。映画「ブタがいた教室」では、小学生26人がPちゃんと名付けた豚を同じく愛情を込めて育てたのですが、倫子さんのようにはいきません。食肉にすることがそうそう簡単にはできません。
 こどもたちは、迫真の演技です。本当にブタのPちゃんを育てたこどもたちではないだろうかという錯覚に陥ったとしても過言ではありません。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t36763
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい