2008年07月19日

嵐山にてサギと出会う。





嵐山にてサギと出会う。

 ホテルにて、朝、目を覚まし、カーテンを開けるとお向かいの屋根の上にタンチョウヅルがいて、びっくりしました。いったい何が起こったのだろう!? ホテルの人に聞いたらサギだそうです。
 サギ氏は堂々としていました。両翼を広げると2m~3m近くにも感じました。迫力満点です。写真をうまく撮れなくて、なんだか宇宙人と遭遇したみたいになってしまいました。
 京都は都市と思っていましたが、自然が豊かなところでした。代々嵐山で生まれ育った由緒あるサギ氏なのでしょう。
 江戸時代には、たくさんのトキが日本各地の空を飛んでいたという、子どもの頃に読んだマンガの絵を思い出しました。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t24155
この記事へのコメント
こんばんは。
京都ですか!このあたりはたぶん?嵐山ぐらいでレンタル自転車でず~とまわった所でしょうかね~?
ずいぶん昔のことなので又涼しくなったら・・・のんびりと行きたいですね!
それとタンチョウヅルは中村区から西へ庄内川をこえて、もうひとつの私の家がある、七宝町はまだ田んぼもあって、タンチョウヅルがけっこういますよ!
とってものどかな田舎ですよ!
Posted by 花 at 2008年07月19日 20:31
 名古屋西部で鶴を見ることができる何て! 驚きました。京都での場所は、嵐山、桂川の分流部分でした。渡月橋の南の島(中の島)にある建物の屋根の上です。毎朝、居るようです。ホテルの人からはゴイサギと聞きましたが、わたしは鶴ではないかと今でも思っています。
Posted by 熊太郎熊太郎 at 2008年07月19日 23:11
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい