パンダのあかちゃんおっとっと まつもとさとみ うしろよしあき わたなべさとこ 角川書店

 絵本です。
 可愛らしいこどものパンダです。上野動物園のシャンシャンのようです。
 「おっとっと」のかけ声とリズムは、古くは、「デンセンマンの電線音頭」を思い浮かべるのですが、遠い過去から現在まで生きてきた人にとっては心地よい響きです。こどもさんにも受けるでしょう。
 少し離れてパンダのそばにいる小さな緑色をしたカエルさんの存在が、子パンダを引き立てています。
 リス、ペンギン、ゾウ、ワニ、ともだちもいっぱいいます。みな、愛らしい。

この記事へのトラックバックURL

※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい