フライト・オブ・ドリームズ 中部国際空港セントレア内

入口ゲートを過ぎて最初に思うのは、「美しい」












操縦室内は意外に狭い。椅子も細くて小さい。ゲーム室みたい。













平日昼間ですいていると思っていましたが、けっこう混雑していました。
4階からながめる航空機の離陸から始まる10分間の映像ショーも美しい。観ていておおげさですが、美しい景色を見ると、生きていて良かったと思います。ただ、4階まで徒歩で階段を歩いて登って、終わったら降りるという仮設のような階段は小さな子連れにはきつい。
紙飛行機をつくって飛ばすコーナーと、自分で描いた飛行機の絵がプラネタリウムのようなドームの中を飛行する映像はどちらも、こんなものかでした。改善の余地があります。リピーター(繰り返し訪れる人)を呼ぶのは難しそうな施設でした。フードコートは小さな子連れには助かります。
入場料をはじめ、お値段が張るような気がします。客足が遠ざかります。
途中でトイレに行きたくなり、入口で手の甲にブラックスタンプとかいう光を当てると光るスタンプを押してもらい、有料ゾーンへの再入場は可能でした。

この記事へのトラックバックURL

※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい