2017年09月26日

サイコパス 中野信子

サイコパス 中野信子 文春新書

 「サイコパス」からは、精神異常者、犯罪者を発想します。冷徹で、猟奇的(りょうきてき。奇怪、異常)な殺人鬼。危険に対面しても、恐怖や不安を感じない。共感性が低い。平気で嘘がつける。
 血肉を切り刻んで捨てる。拷問を苦にしない。むしろ快感を得ている。近づきがたい。恐ろしき人。人格異常者。でも、そばにいる。もしかしたら自分がそうで、気づいていない。
 本書では、嘘つき。不正をする。ケロッとしている。加害者意識なし。100人にひとりぐらいいる。特徴として、第一印象がいい。礼儀正しい。だから、わからない。

 作者は、脳を研究する科学者です。
 サイコパスの例として、アメリカ合衆国の連続殺人犯人のことが書いてあります。31人も殺しています。異常です。

 狭くて暗い世界の研究記事です。希少価値があるのかも。
 遺伝なのか、環境なのか。サイコパスの例として、織田信長、毛沢東、ジョン・F・ケネディ、マザー・テレサ、スティーブ・ジョブズ

調べた言葉として、「パラダイム:方法論」、「バイアス:かたより。偏向」、「譫妄:せんもう。意識障害」、「ドーパミン:やる気の元となる物資」

 最後は、「共存」でした。いたしかたないのでしょう。


この記事へのトラックバックURL

※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 

過去記事