2016年01月29日

(再鑑賞)鍵泥棒のメソッド 邦画 DVD

(再鑑賞)鍵泥棒のメソッド 邦画 DVD

 広末涼子さんは、2か月半後ぐらいに結婚したいけれど、相手がいないから探し始める。
 香川照之さんは、クラシック音楽を聴きながら殺し屋稼業に専念中である。
 堺雅人さんは、自殺願望で、首を吊ろうとしたら落っこちた。
売れない役者をしている。

 香川さんと堺さんが入れ替わる銭湯の形式は古い。昭和50年代初めの頃、今から、40年ぐらい前だろう。
 登場人物たちのキャラクターは、みな孤独である。家族がいてもひとりである。全体を通して、役者の身内話のようでもある。

 ラスト付近、
・(香川さんが堺さんに)金がないぐらいで、死んじゃいけない。
・(堺さんに対して)役者の才能がないわけじゃない。(いまでは、NHK大河ドラマの主役)
・(堺さんに対して)女で死ぬもんじゃない。
・(広末さん)いつか、必ず結婚するって決めている。

夢と希望を与える1作でした。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t114654
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい