2015年11月07日

最後の忠臣蔵 邦画 DVD

最後の忠臣蔵 邦画 DVD

 忠臣蔵の出来事が起こったあと16年間が経過しています。大石内蔵助の命により、事件を後世に語り継ぐよう生き残りとなった寺坂吉右衛門(佐藤浩市)、内蔵助の娘を育てるよう命じられた瀬尾孫左衛門(役所広司)がいます。ふたりには、生き残った苦しみがあります。

 まず、美しい風景シーンがあって、次に、そのシーンを連結させる。そういう手法で画面が変わっていく映画でした。
 戦闘シーンは、最低限の音出しと動きに抑えて、臨場感を出します。殺戮(さつりく)に余計なものはいらない。
 浄瑠璃に重ねる。思いを遂げて死す。外国人にはわからないかもしれない。
 芸術性の高い映画でした。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t112918
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい