2015年10月08日

糖尿病にならないための本

糖尿病にならないための本 監修 牧田善二 宝島社

 この本では、次のことが紹介されていました。
 主食(米とかパン)を控える。なぜなら糖の量が多い。糖質イコール炭水化物です。
 主食抜きはけっこうつらい。
 糖尿病の症状判定があります。のどが渇く。だるい。
 この本には情報量がたくさんあります。とても全部をていねいには読めない。必要な部分をピックアップして参考にします。
 (NGなもの)は、最初は夕食のみ、次に朝食と夕食、最後に三食抜くという流れ。けっこう制限が多い。おいしいものは糖質が多い。
 対象は、ごはん、食パン、うどん、そば、書いてないけれどたぶんラーメンも。
 とろろこぶ、味付け海苔(焼き海苔はいい)
 ビール、発泡酒、日本酒、梅酒。(ワイン、ウィスキー、ウォッカ、ジンなどの蒸留酒はいい)
 コーラ、オレンジジュース
 トマトケチャップ(マヨネーズはいいとどこかに書いてあった気がします。)
 牛乳、カレー、ピザ、コーンスープ、かぼちゃスープ
 肉じゃが、コロッケ、たこ焼き、お好み焼き、焼きそば、お茶づけ
 里芋、とうもろこし、さつまいも
 そのほか、いいもの、よくないものが、詳細に記されています。
 これまでの食生活を否定する困難さを伴いますが、糖尿病で苦労するわけにもいきません。
 それから、一日15分間でも早歩きをしましょうということが提唱されています。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t112364
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい