2015年10月07日

老後破産 長寿という悪夢

老後破産 長寿という悪夢 新潮社

 NHKスペシャル取材班によるものです。
 この本の真骨頂は、最後半部にあります。
 老いた母親と職をなくした息子、息子が母親の年金をあてにする。さらには、母親に対して虐待をはたらく。悲惨です。
 先日読んだ「シルバー川柳」とは正反対の世界に位置する本です。笑いはありません。
 各世帯の年金収入は、ひとけたのん万円から12万円ぐらい。家賃が5万円ぐらい。預貯金が50万円から100万円台はじめぐらい。
 働いて毎月収入がなければ、タイトルにあるよう破産の結末が待ち受けています。
 病気やけがは致命傷です。
 問題提起はするけれど、解決策は示さないのがこの種の本や企画の定番です。
 生活保護制度に対する批判はあるけれど、そのとおりにしていたら、今度は国や自治体が破産してしまいます。
 現役世代の月収よりも多い年金をもらっている人たちも意外にたくさんいると聞きます。高齢者詐欺のターゲットです。
 いろいろ考えをめぐらせながら読んだ本でした。
 高齢者の単身化について書いてありました。高齢者に限らず、日本人は若い世代から単身の世帯が増加しました。世帯数全体の半数ぐらいか、過半数は単身世帯かもしれません。もう複数の家族と暮らすことが苦手なのです。
 なぜ生活が苦しいのか。そばに搾取する人間がいるからです。稼いでも、そばにいる家族(親族)がもっていってしまう。この本を読みながらそういうつながりを発見しました。働く者・収入を得る者のそばに、横取りする者がいる。
 家族って何だろうまでに考えが及びます。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t112349
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい