おしりたんてい トロル ポプラ社

 人気の絵本ですが、読むのは初めてです。後日孫たちに、読み聞かせをしてみるつもりです。
 最初に発行された絵本にしました。2012年発行です。「どんなじけんも ププッと かいけついたします」がキャッチフレーズです。

 お尻の形が顔という斬新というか、ふつうは、発想しても思いとどまるというか、ただ、こどもさんは、「おしり」とか、「おなら」とか、「うんこ」という言葉が大好きです。
 絵本化された勇気を評価します。

 おしりたんていが使用する電話機は、昔ながらのダイヤル式黒電話です。今の子は見たこともないのでしょうが、わたしには、今もその電話を使用している友人がいます。当然のごとく、携帯電話は持っていません。
 
 コマ割りのレイアウトが、ところどころ3分割になっていて珍しい。色使いは同系色でまとめてあって柔らかい。動物ベースのキャラがいっぱいです。

 おしりたんていが、犯人を捕まえる瞬間が強烈です。爆笑です。

 「報酬は、『笑顔』でけっこうです」は気がきいています。

(その後)
 孫に読んだところ、クライマックスシーンで驚いて、「こわい」と、ひいてしまいました。  

Posted by 熊太郎 at 05:44Comments(0)TrackBack(0)読書感想文