2012年08月28日

山口県壇ノ浦パーキングエリア

山口県壇ノ浦パーキングエリア

絶景でした。
ゆきかう船を一日ながめていても飽きないことでしょう。
パーキングエリアが広くてゆったりとした気分になれます。









わずか700mほどの幅しかない関門海峡です。
瀬戸内海の出入口でこれまでにいくつもの戦いがあった。
古くは1185年の源平の合戦、1612年の武蔵・小次郎巌流島の戦い、1863年・1864年の下関戦争(長州藩vsアメリカ・フランス・イギリス・オランダ)、古代から外国船や日本船がゆききした歴史ある場所です。
青森県の津軽海峡を見たときは、本州の北の果てまで来たという実感がありました。関門海峡は端っこという感覚がありません。北九州市街地が目の前に見えるからでしょう。

車で橋を渡りながら海峡をながめると、運転手以外のメンバーは、海をゆく船体を正面方向で高い位置から見ることができます。なかなか見ることができない角度であり迫力と美に満ちています。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t82243
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい