2008年11月09日

海街diary1 蝉時雨のやむ頃(せみしぐれ)

海街diary1 蝉時雨のやむ頃(せみしぐれ) 海街diary2 真昼の月 吉田秋生(あきみ) 小学館

 マンガのコミック本になります。書評のページを見て読みたくなりました。2冊に分かれています。読み出す前にまず、作者さんは女性です。
 出だしの4ページで感じたことは、絵にある男女関係はまるで虫のようです。どちらが男性でどちらが女性なのかわかりません。その後の展開を考えると、この4ページは必要だったのか疑問をもちました。
 鎌倉住まいの3人姉妹がいます。上から香田さちさん(看護師)、佳乃さん(よしのさん、地元の信用金庫職員)、ちかさん(店員)です。そこへ異母妹の浅野すずさん13歳が入ってきます。
 さちさんのものの考え方はわたしに似ています。ただ、彼女の言葉は大切な言葉ですが、ひとつひとつが重くて、読んでいて疲れます。マンガの場合は、気持ちを言葉ではなく絵で伝えてほしい。
 だれにでもふりかかる葬式時の相続話です。多用されている言葉として「煮詰まる」があります。最後の章「二階堂の鬼」、多田君の病気話はいただけない。理屈っぽい。とってつけたような病気話で無理があります。
 物語の展開を離れてみると、ローカル(田舎)感がとてもいい。舞台は鎌倉でなくてもいい。読み手がそれぞれのふるさとを思い浮かべることができます。そして、自分の中学時代を思い出します。郷愁に誘われます。
 次に、diary2真昼の月に移ってみます。
 電車の中で50歳のおじさん(わたし)がこの本を広げて読むのはさすがに気恥ずかしい。なるべく乗客が周囲にいないときに本を開きます。章「花底蛇(かていのじゃ)」は中身が濃い。いい出来です。ただ最後のPS(追伸)の意味がわかりません。PSはだれに向けて書いてあるのか。読者ではなく、亡くなった4人姉妹の父親に対してのメッセージのような気がするのです。
 章「二人静(ふたりしずか)」に登場する多田君の義足姿から、藤原紀香撮影「カンダクゥ(アフガニスタン語で笑顔でね)」の写真集を思い出しました。香田家の4人姉妹は、みんなまじめで品行方正な善人です。そんな家庭ってあまりない。大船観音はわたしの好きな仏像です。とても美しい。以前山の上までのぼって観音様の周りを歩いて、その中に入ったことがあります。パソコンのハードディスクを探したら1枚だけ写真が出てきたのでここに掲載しておきます。





 読みながら尾崎風太郎くんはいい男(ヤツ)だとほめたくなりました。
 章「桜の花の満開の下」ここまで読んでみてなんだか違和感があります。この本を読み始める前の予想や期待と実際が異なるのです。物語全体は海というよりも山です。そして違和感の原因は、登場する人物全員が善良な人たちばかりなのです。こうあってほしいという作者の願望でしょうか。被害者と加害者が同一人物で、その集まりが登場人物たちとなっています。それから次の場面に移るときの出来事の発端があまりにも突然でした。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t28486
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい