2008年07月21日

京都 嵐山 大河内山荘





京都 嵐山 大河内山荘

 大河内山荘とは亡き映画俳優大河内傳次郎氏(でんじろう)の別荘でした。山荘内に経歴を示した資料があり、丹下左膳を演じた方です。
 俳優で得た収入のほとんどを使ってこの別荘を建てたそうです。ひと山買って、昭和中期にこのような立派な建築物を建てられたことは驚嘆に値します。氏は嵐山駅から馬で山荘を訪れたという逸話にも時代を感じました。





 山荘から見えた比叡山のうすい影が富士山のようで美しかった。





 反対側に見えた大悲閣(だいひかく)とか嵐山、小倉山方面です。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t24222
この記事へのコメント
 大河内山荘は2年前の11月に行きました。熊太郎さんの写真を見て山荘から見た景色を思い出しました。私が見た時もお天気でしたが、比叡山まで見えていたのでしょうか。今の季節の木々の色は青春の息吹を感じます。
 今年の旅行が決まりました。岡山で下車し、大原美術館に行き、宮島に入ります。そして『夕凪の街桜の国』の広島を見てきます。
Posted by サムシングブルー at 2008年07月21日 15:38
 広島へはわたしも行ってみたいです。いつも途中通過駅でした。倉敷とか尾道も訪れてみたい。
 比叡山延暦寺にもそのうち行きたい。まだまだ行っていないところ、行きたい所がたくさん残っています。いいことです。
 宮島の鳥居は遠くからながめたことがあるだけです。楽しみですね。
Posted by 熊太郎熊太郎 at 2008年07月21日 23:23
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい