2007年10月13日

鎌倉文学館

鎌倉文学館



 以前訪れたときのものです。雑誌で読んだときには祝日休館と記載されていました。その日は祝日でしたが、休みでもいいか! と江ノ電「由比ヶ浜」駅で降りて、狭い道を車とすれ違いながらたどり着いたら開館していました。Happyヽ(`▽´)/
 高校生の頃心酔していた萩原朔太郎の原稿を見ました。うれしかった。有名作家さんたちの原稿が展示されていたのですが、意外におおざっぱな書き方でした。ます目から文字がはみだしていたり、読みとることが疲れるクセ字であったり、段落はないし、編集者さんのご苦労が忍ばれます。
 たとえ悪筆であっても世に出る文章は出るものだと思いをめぐらせたのでした。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t13422
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい