2014年08月02日

60歳のラブレター 映画 DVD

60歳のラブレター 映画 DVD

 タイトルは別のものに変えた方がもっとよくなると、観終えて思いました。観る前、なんだか、真面目くさった堅苦しいタイトルなので抵抗感がありました。
 3組30年間ぐらいの結婚生活を経たらしい夫婦と親子の物語です。定年退職後の離婚とか、結婚途中の配偶者との死別、再婚話、娘たちの出産、本人たちの病気などを織りまぜながら、各家庭で手紙が登場します。それは、感謝であったり、謝罪であったりします。
 同棲代の人が観ると、胸が詰まるほどの感動を覚えることでしょう。30年間というのは長いようで短い。いつの間にか、あっという間に過ぎる期間です。そのあとの30年間がどうなのかは、これから体験していく立場です。3組夫婦が若かったころの時代背景はなつかしい。老いてみると、若かりし頃の元気やヒーロー状態は、一時限りの昔の夢でした。しんみりします。いつまでも現役にこだわるのではなく、静かに引退する。共感しました。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t102142
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい