2011年03月14日

影武者 DVD

影武者 DVD

 30年前の映画になります。武田信玄が死んでから3年間彼の死は伏せられました。その間、信玄のそっくりさんが、信玄を務めた。影武者です。しかし、本体があるから影が存在できるわけで、本体のない影は、信玄の死がばれたあとどうしたのかまで描かれています。織田信長と徳川家康は3年間、だまされ続けます。
 敵をあざむくためには、まず、身内をあざむかなければなりません。影武者はふたりいます。ひとりは本物、もうひとりは影武者と思わせなければなりません。「笛」とか「旗」に対するこだわりがあります。以前読んだ中国の本に、日本隊は旗、扇で集団が整然と動くと書かれていました。中国にとっては驚異だったそうです。
 印象に残ったセリフは、「動くな」そして、「人あればこその影」でした。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t64429
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい