2009年11月17日

京都 西本願寺

京都 西本願寺

京都御所を出たあと、光源氏のモデルになった人が住んでいたという渉成園(しょうせいえん)を訪ねたのですが、閉館時刻を過ぎており、あきらめて、そのときのためにと考えていた西本願寺まで、てくてくと歩きました。このとき読んでいた本「美しき日本の面影」さだまさし著に、作者が中学校の修学旅行で泊まった旅館が西本願寺の前にあったと記されており、歩きながら付近を見ましたが、それらしき旅館は見当たりませんでした。



前回来た時は雨天でした。参拝者の多くは、縁側部分に腰掛けて、ぼんやりと雨空を見上げていました。わたしもそこに腰掛けて、現在・過去・未来に思いをはせました。他のひとたちも同様だったのでしょう。



前回は工事中でしたが、今回は工事が終了していました。閉館時刻間近で人影は少ない。建築物は巨大で美しい。室内にも入りましたが、なにかしらおそれおおくて写真は撮りませんでした。



縁側に座って、昔この地で新撰組が大砲を撃つ練習をして、都(みやこ)の人たちがびっくりしたことがあったのだなあと遠い過去をふりかえったのでした。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t45614
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい