2009年03月28日

TUGUMI(つぐみ) 吉本ばなな

TUGUMI(つぐみ) 吉本ばなな 中公文庫

 舞台は西伊豆です。「つぐみ」とは、山本屋旅館のふたり娘、陽子さん、その妹がつぐみさんです。語り手は東京の大学生で彼女の回想となっています。彼女の母親の妹が陽子さんとつぐみさんの母親です。
 目次の項目を見て、暗い物語なのだろうかという先入観をもつ。最初、TUGUMIは鳥の名前かと勘違いして読み始めました。
 つぐみさんは病気のようです。最後まで語られませんでしたが、彼女はすでに亡くなったのでしょう。
 つぐみさんの個性がわかりません。女性向けの本なのでしょう。女性の世界のお話です。女性たちは、同性同士で傷つけあいながら成長していくようです。
 人間関係をつなぐのに犬の存在があります。どうして、つぐみにこんな乱暴な言葉遣いをさせるのか、その意図がわかりません。残念ながら、男性のわたしには向いていない1冊でした。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t34069
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい