過去記事

2017年10月23日

少女は夜を綴らない 逸木裕 角川書店

少女は夜を綴らない 逸木裕(いつき・ゆう 30代なかば女性) 角川書店

 独特です。
 320ページのうちの100ページぐらいまできました。
 以前、同作者の虹を待つ彼女を読んだことがある。文章はつたない。
 中学生女子の筆記物を読むようです。
 
 ムンクの「叫び」。さけぶ人、通行人でそれを聞いた人である小学校1年生の瀬戸加奈子は主人公ぴっかりちゃんのいじめっ子。君島芽衣(めい)が瀬戸加奈子にきっぱりと注意をした同級生。
 パパは8歳で事故死。
シーンが転々と変化していきます。気持ちがのりません。益子慎一郎(デブ)。刺殺するそうです。
兄は、中学校教師山根智己(ともき)13歳年上、ママは今、53歳。主人公は山根理子さんで、今は、中学1年生です。
明るい家とあるけれど、管理社会で暗い、陰気な親子関係です。

マキは棋士の子。3年1組とある。さっきの益子慎一郎殺しのエピソードは、どこへいってしまったのか。
ボードゲームがどういうものかわからないが、想像してみる。

一人称のどちらかといえば、読み手に察してくれという書き方をしてあります。めずらしい。

今度は、月村薫。女子。
佐藤真奈美(去年までいた後輩)、将棋の宮野徹50歳の娘マヤ、そのあと、加害者恐怖、ホームレス

(読み終えました)
  なんだろう。
  教室でひとりぼっちの女子中学生が書いた殺人小説という雰囲気がします。稚拙な文章なので、読みながら、ときおり、あたまをかかえてしまう。こんなふうに書くだろうか。読み進めるリズムがつまずいてしまう。
  それでも、現代に生きる若い人たちは読んでいるのだろう。だから、いいとしよう。
 細かいことははずして、不気味さはある。だからいいじゃないか。それで、いいじゃないかという意見はあると思う。

この記事へのトラックバックURL

※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい