レンタカー 新型シエンタハイブリッド

・旧型と比較すると違う車になったようでした。
・サードシートについて、旧型は荷物優先、新型は人間の着席(乗り心地)優先です。新型はチャイルドシートを装着した5人乗車時、ベビーカーが積みにくかった。
・旧型は、アナログ、新型はデジタルという雰囲気でした。アナログは視界が広かった。新型は未来の車感覚で、追突防止警告音、センターラインオーバー警告音、スライドドア-のスムースさ、駐車時のバックモニターなど充実しています。
・どちらがいいもわるいもありませんが、未来に向かって、ハイブリッドカーに慣れていかねばならないと自覚した次第です。ガソリンのもととなる原油は、いつかは資源が尽きてしまいます。






この記事へのトラックバックURL

※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 

過去記事